小谷城郷土館の歴史

 小谷城郷土館は、泉北ニュータウンに隣接する堺市南区豊田に所在し、小谷家の邸宅の一部を一般公開しています。小谷家の始祖平氏頼晴は、鎌倉初期にこの地(若松荘)に地頭として赴任したのが始まりと言われています。その小谷氏の居城として栂山城・小谷城・豊田城とともに鼎城と呼ばれ、堺で古い城址の一つです。小谷城は、南北朝時代には南朝方で千早赤阪城と大雄寺(浜寺)結ぶ地点であって「狼煙」中継地点として又、天野山金剛寺の行宮を守る城としその任務を担っておりました。また戦国時代は、根来党であった為、織田信長勢と戦い天正三年(1575)鼎城は落城したと言われています。その後に小谷氏は大坂夏の陣に徳川方として参戦し功労をたて郷士となり、江戸時代、上神谷地域を治めていた伯太藩渡辺家に仕え庄屋も務めました。近代、泉北地域は、明治維新、戦後の農地解放、高度成長時代と激動の時代を経て、大きく変貌しました。その時の移る中、小谷家39代方明は、地域の歴史について家伝や古文書などを研究し、消え行く文化財・民俗資料の研究に力を注ぎました。方明氏は昭和5年に「和泉郷土文庫」、昭和46年に(財)小谷城郷土館の前身である小谷城郷土館を設立しました。平成3年方明氏が他界したのちその意志を継ぎ財団法人の許認可を受け、同6年に登録博物館に平成17年には主屋と門長屋・土蔵が登録有形文化財となり今日に至っております。
ご来館の皆様には、ふるさとの懐かしさと、ゆったり流れる時空間を過ごして頂けることと思います。

 

小谷城址

小谷城は高さ約80メートルの独立した山で十三世紀(鎌倉時代)中頃に、自然のままを城としてつかわれました、堺で一番古い城址の一つです。

 

 この城は、栂山、豊田城と共に、鼎城といわれ、平氏一族の小谷氏の居城でありました。小谷氏の家伝によると、池禅尼(平清盛の継母) は、源頼朝・義経兄弟が平清盛に捕えられ、殺されそ うになったとき、幼少で可哀相だといって命乞いをし、頼朝を伊豆に流し、義経を鞍馬寺に送られました。

 

その後、月日は流れ、頼朝・義経が成人して、京に攻め入り、平家一門を西国へ走らせましたが、池禅尼の実子頼盛とその子孫だけは、京に呼び戻し、昔からの平氏の居住地(現在の京都国立博物館から六波羅密寺)に住まわせたと云われています。

 

それにつけても、源氏の世では、京都に居づらく、仁和寺の寺領である若松荘(堺市大庭寺・太平寺・和田・豊田・栂・片蔵・田中・鉢ヶ峯・富蔵・釜室・畑・逆瀬川)の地頭として、赴任してまいりました。頼晴(池氏、万五郎ともいう)は最初に栂山城を築き上神左近将監政員と名を改めました。

 

その長子頼宗はすぐに鎌倉幕府の命令で和泉国政所に勤め、曽孫の政有の時に現在の小谷城一帯に城郭の地割りをして城が完成しました。一方、承久の乱(一二二一)に出陣して軍功をたて北条家から軍忠状を頂きました。

 

八代目上神権之進則常の時に楠正成の軍に加わり南朝のために戦い、笠置の合戦で 戦死しました。九代目上神左近将監常信も父に従い武勇にすぐれ、南朝のために各所に転戦し軍功をたてました。その時に小谷城は千早・赤坂の南朝方から大雄寺(浜寺)に通信を送る「狼煙火」の中継所となり、また一方天野山行宮を守る裏木戸のかための城としての役目もありました。

 

二十三代大夫進種氾の時に織田信長の根来攻めがあり、和泉の神社・仏閣から城主に至るまで総て根来党であったため、小谷城も栂山・豊田城共にその時に落城しました。天正三年(一五七五)四月二十二日のことです。

 

※現在ここは阪和泉北第一病院の敷地になっていますので無断で立入らないで下さい。